コーヒーのプロ|コーヒーの資格取得も調理のプロも高校から目指せる!

コーヒーの資格を取ってプロフェッショナルなろう

コーヒーのプロ

coffee

バリスタは誰でも名乗れる

よく聞くこのバリスタという単語ですが、特に資格が必要なものではありません。一般的に、「コーヒー博士」程度の認識ですので極端な話誰でも名乗ることができます。カフェ開業や就職に櫃能な資格も特になく、「食品衛生責任者」程度の資格があれば誰でも携わることができます。

コーヒーのプロフェッショナルを目指そう

現在の日本では基本的にコーヒーに携わるのに、必要な特別な資格などはありません。しかし、より専門的なことを学びたいという方には日本のコーヒー協会などが独自に認定している養成講座などで資格取得をするのをおおすすめします。

JBA認定バリスタライセンス

日本バリスタ協会が総括している認定資格で専門学校などの教育機関で採用されているメジャーな資格です。1~3までのバリスタライセンスのレベル分けがされています。JBA認定のカリキュラムかカフェで一年以上の実務経験があるなどのプロセスがなければ受験資格がないので受験したい場合は専門の教育機関で養成コースを受けることをおすすめします。

どこでもおいしい淹れ方を学ぶことはできる

コーヒーは情熱があれば誰でも携わる資格があります。民間資格の中でも趣味程度のものから一流のプロ並みのみものまであります。それら以外でもコーヒーの知識を身につけたり海外で勉強を積むなどいろいろなアプローチがあります。学びに正攻法がない、という懐の深さもコーヒーの魅力です。

広告募集中