調理師になる資格|コーヒーの資格取得も調理のプロも高校から目指せる!

進学をしながら調理師に!プロの知識を身につけよう

調理師を目指すなら必要なものをそろえよう

調理師といってもただ料理ができるからという理由だけで、向いている仕事とは言えません。料理とは毎日作るものです。料理が好きなこと以上に耐える力、努力する力が必要になってきます。ここで調理師になる為の手順、必要な素質を知っていきましょう。

調理師免許取得に向けた要点

調理師専門学校に通う

調理師専門学校で和食、中華、イタリア料理など特定のジャンルの上位の資格は専門学校で取得しやすいので幅広い経験を積みたい場合におすすめです。

調理師専門学校以外の学校

専門学校以外にも高校の課程や大学などの調理科でも調理師免許を取得することができます。高校や大学などで進学しながら調理師免許を取得をしたい場合はこちらをおすすめします。

免許から先じゃなくてもいい

飲食を扱う仕事をしている人すべてが調理師免許を持っているわけではありません。また、ラーメン店、そば職人、寿司職人などは調理師免許を取得するよりも見習いなどの下積みを経験したほうが近道の場合もあります。見習いから始めて、のちのち調理師免許を取るという人も少なくないのが現状です。

日本以外で実務系経験を積む

近年では日本料理が世界でも人気があり、海外で活躍する人も多いです。そういったところで修業を積んで知識や技能を磨き、ゆくゆくは調理師免許を取得する、という手段もあります。

社会人から調理師免許を取得を目指す

実際に他の職業で働きながら、専門学校に通っている場合もあります。一度社会人になって十分な貯蓄を蓄えてから調理師の道を目指すということも珍しいことではありません。

調理師になる資格

レディ

調理師になる為にすること

料理のプロと呼ばれるには料理についての深い理解と確かな技術が必要になります。これは和洋中どの料理にも言えたことで、ここに辿り着くための資格として調理師免許が必要になります。

調理師に欠かせない資質

料理を仕事にするのなら、まず体力面で求められる要素が大きいでしょう。朝早くから夜遅くまで休みなく働く職場環境がほとんどなので食材や調理器具をたくさん運ぶ忍耐力必要になってくるといいます。実用性を重視したところで言えば「体力」「忍耐力」「継続力」が不可欠といえるでしょう。

調理師の心がまえとは

日々料理の腕を磨くことはもちろんですが、その根底にあるものは「食に対してどれだけ真剣か」ということです。人に言われるまでもなく積極的に鍛錬を積む姿勢があるのかどうかなどの探求心が必要です。感動を与えたいなどの情熱が調理師に必要な心がまえといえるでしょう。

プロはこんなところを見ている

人気の仕事であるため新人の採用面接では料理に対してどれだけ真剣かという姿勢・人材としての質・挫折せずに続けることができるかを重視しています。長く働いてもらうことが前提なのでこれらのニーズに応えられることが重要です。調理師として働く場合、その要素が自身に足りているのかを今一度見直しましょう。

広告募集中