調理師免許をゲットして食事を彩る憧れの職業になろう

プロを目指すならこれが大切!資格の取り方

coffee

コーヒーのプロ

コーヒーのプロフェッショナルになるにはいくつかの選択肢があります。自分が身につけたいスキルによって目指す資格も様々です。コーヒーは堅苦しいものではなく、情熱と学ぶ姿勢が大切です。どういったことを身につけたいのかここではっきり目標を決めましょう。

READ MORE
レディ

調理師になる資格

調理のプロを目指す方法は一つだけではありません。調理師免許を得るために必要なこと、その手順などについて紹介しています。調理師を目指すうえで大切な心がけなどをここで改めて知っておきましょう。

READ MORE
ウーマン

コーヒーについて知ること

コーヒーのプロフェッショナルに必要なのはコーヒーの美味しい淹れ方の知識や技能だけではありません。コーヒーがもたらす効果などを知っておくことも大切です。正しい知識を知ったうえで飲む人に合わせたコーヒーを正しく提供できることもプロの仕事のうちです。ここでコーヒーの魅力・欠点など学んでおきましょう。

READ MORE

調理師専門学校ではこんなことを学べる

仕事もプライベートにも全力投球!自分のペースでで学べる

受講スタイルをが自由な学校が多い、調理師専門学校では社会人や主婦などのライフスタイルを考慮して振替受講など融通が利くところが多く急なスケジュールの変更などでも広く対応してもらえるのが強みです。

生徒に合わせてプロの短期集中講座

3か月から1年程度と生徒の目的にやスケジュールに合わせてカリキュラムを組むことができるのも特徴の一つ、自分で計画を立てて卒業までの流れ設定することができます。すぐに働きたい、という人には短期集中講座で一気に技能を身につけましょう。

充実した設備を活かし確かな技術力を

最新の調理器具やキッチンを配備していることも多く、最新の調理現場に触れることができます。またコーヒーの焙煎機など普段なじみのない最新設備に触れることもできるので、バリスタの資格などプラスαで取得する生徒もいます。

現役のプロから最先端の知識と技能を学ぼう

実習などの実技面では常にプロの指導を受けることができます。シェフ・バリスタ・パティシエなど様々なジャンルのプロから現場でのノウハウを教えてもらうことができます。

実技技能に特化したカリキュラムで腕を磨く

とにかく実習の頻度を多く設定しているので、座学や知識だけにとらわれず確かな技能を見つけることができます。多くの調理実習を経験することで美味しく調理する楽しさと正確に作る大切さを身につけることができます。

調理のプロになりたいならまずは学校選びから

女の人

料理のプロを目指そう

「料理をすることが楽しい」「料理で人に喜んでもらうことが好き」など調理人にあこがれを抱くきっかけは様々です。そこから料理のプロを目指すためにいろいろな手段があります。自分に合ったスタイルで知識・技術を身につけてプロとして活躍しましょう。

調理のプロへの道は高校からでも目指せる

調理人を目指すからといって進学をあきらめる必要はありません。専門学校などでは中学校卒の方が高校の卒業資格を取得したうえで調理師免許を取得することができます。調理人を目指すのに早すぎることも遅すぎることもありません。自分がなりたいと思った時がベストタイムです。そこから少しでも早く調理師を目指せる道を探していきましょう。

食事のコーディネートをして喜んでもらおう

料理のプロとはただ美味しい料理を提供するだけではありません。自分の料理と合わせて食事のムードを作ったり食後のコーヒーなどとの組み合わせを考えた食事をコーディネートすることもプロの管轄です。プロになった暁に美味しい食事と最高の時間を提供しましょう。

専門知識を深めながら夢を見つけよう

調理師専門学校では様々なコースを学ぶことができます。ただ漠然と料理をする仕事がしたいと思っていても、カリキュラムを重ねる中で自分に興味のある分野を見つけることができるかもしれません。専門知識を深めながら自分の思い描くビジョンを明確にして目標を見つけましょう。

[PR]

コーヒーの資格を取ろう★
パンフレットを請求してみよう。 調理の勉強なら専門の高校で受けよう
さまざまな特色のコースを提供中

[PR]

広告募集中